フラット35sのエコ検査で金利をチェック

フラット35sの適用を受けるには、エコ、耐震、バリアフリー、耐久性といった建築基準をクリアしなければいけません。
このため、検査が必要になります。
まず、図面の段階で申請し、建築中に図面通りに工事が進んでいるかどうかチェックします。
そして、竣工した時に確認の検査をするということになります。
こうした基準に照らし併せての検査は、国の認可を受けた建築士の立ち会いが必要になりますが、多くは、施工業者が手配し、検査機関に依頼するなどスムーズに工事が進められるようにしていきます。
細かい基準値や施工方法など専門的なことも絡んできますから、ある程度業者に任せておいても大丈夫です。
長期固定金利を利用して高機能住宅を購入出来るメリットがありますね。