NYダウ工業株30種ってどんなもの?

NYダウの平均株価はアメリカ経済のみならず世界経済に大きな影響をもたらす指数です。
これはビジネス誌として世界的に知られる「ウォールストリート・ジャーナル」を発行しているダウ・ジョーンズ社によって算出されているものですが、このダウ・ジョーンズ社ではより細かな株価指数もいくつか算出しています。
そのうちのひとつがNYダウ工業株30種です。
これはアメリカを代表する優良企業30銘柄をピックアップしたうえで指数化したものです。
「工業株」という名称から工業関連の企業を対象にしているというイメージも強いかと思いますが、実際には鉄道と公共事業関連以外の企業すべてが対象となっています。
ピックアップされている企業としては航空機のボーイング、IT関連のヒューレット・パッカード、IBM、インテル、マイクロソフト、AT&T、食品ではコカ・コーラ・カンパニー、マクドナルド。
ほかにも重機のキャタピラーやウォルト・ディズニー社など世界的に知られる名前がズラリと並んでいます。
算出がはじまったのは1896年で、すでに100年以上の歴史を誇っています。
当時は12銘柄、1916年に20銘柄となり、1928年に30銘柄に変更されて現在に至っています。
算出方法は株価を株数でわった単純な方式となっています。
算出開始日の初値は40,94ドル。
以後の変動がアメリカ経済、ひいては世界経済の動向そのものとなっているのです。
現在でもなお世界の株価指数の中でももっとも重要で影響力の大きな存在して注目を集めている指数です。