住宅ローン審査でクレジットカード延滞は問題になる?

住宅ローン審査が、クレジットカード延滞歴のために通らないということがあるのでしょうか。
ネットを調べてみると、クレジットカード延滞歴は事故扱いになって、信用情報の履歴に5年は残るそうです。
中には、自社のデータには8年残すというクレジット会社もあります。
そうなると、現在の属性が問題なくても、延滞から5年以上待つ、頭金を多く用意する、延滞情報を持っているクレジット会社に直接掛け合うといったことが必要になってきます。
住宅ローンを組むとなれば、どなたも1000万円以上の大金を借り入れるケースがほとんどですし、住宅購入最適のタイミングですんなり審査に通りたいですよね。
クレジットカードの延滞歴のためにチャンスを逃すことがないように、日頃から金銭管理をきっちりしていきましょう。
住宅ローン審査通らない!フラット35は審査甘い?【ゆるい銀行は?】